ドヴォジャークの墓

国内のみならず海外でも活躍した作曲家アントニン・ドヴォジャークは1841年、プラハに程近いルネサンス様式の美しいお城でも知られるネラホゼヴェスで生まれる。毎年開催されるプラハの春の音楽祭は、アメリカ・インディアンのリズムとボヘミアのメロディで彩られた彼の交響曲「新世界」で幕を閉じる。ネラホゼヴェス城の前にある彼の生家は、現在も遺族により大切に保存されている。

詳細
オーディオ再生