レギー橋

旧市街地区と新市街地区の境目に架かり、街側と城下町側を結ぶこの橋は、橋からの眺めも素晴らしく、国民劇場側の橋の袂の十字路はまさにロケーションにはもってこいの観光の十字路だ。劇場を背に前方には一つ下流のカレル橋とプラハ城が一つに見渡せる、プラハのシンボルとして何人もの写真家が腕を競い合ったであろうフォト・スポットである。ここから後方南上流、ヴィシェフラドまでが新市街地区。左手西へレギー橋を渡る市電に乗れば一つ目がフニクラのあるウーイェズド駅。右手東に延びる市電通りの国民通りを行けば、国民劇場向いの角のカフェ・スラヴィアの先に二軒並んだ典型的なアール・ヌーヴォの美しい建物を見たりしながら、7,8分でヴァーツラフ広場付け根の黄金の十字路ムーステクで、そこからもう共和国広場に立つ火薬塔の黒い屋根も見え、通称プラハの銀座通りナ・プシーコペェ通りになる。歩くより市電でというなら、ここから9番の市電に乗れば四つ目でヴァーツラフ広場の真ん中を横切るヴァーツラフ広場駅、ミュシャ博物館は降りたらそのまま市電通りを進行方向に歩き最初の角を左に折れたところ、広場の一つ裏手の道パーンスカー通りにある。
 何人も 写真家気とる レギー橋

詳細
オーディオ再生