聖マルティン教会

この11世紀のロマネスク様式のロトゥンダは、プラハに四つある最も古い教会のうちの一つ。ちなみにロトゥンダというのは円形の教会建築のことで、ロマネスク様式の教会にはもう一つバジリカと呼ばれる舟形教会があり、その典型的な姿はプラハ城内の聖イジー教会で目にすることができる。正面南入口の木製のドアはルネサンス期に修復され、そのドアの上には、1757年のプロシャ軍プラハ包囲の際に発射された砲弾が一つ壁に埋まったまま残っている。

詳細
オーディオ再生