踊る家

もとここにあった建物は第二次世界大戦時の爆撃で破壊され、以来空き地として放置されていたが、1989年のベルリンの壁崩壊後、1992年になってオランダの国立保険会社が土地を買い取り入札の結果、アメリカのポスト・モダンの建築家フランク・ゲイリーにより地上九階地下二階、最上階にはレストランもあるオフィス・ビルが姿を現す。踊る家、ダンシングハウスと呼ばれる由縁は、アメリカ・ミュージカルの黄金時代、一世を風靡したフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが踊る姿からイメージしたからで、ガラス張りの方がジンジャー、川に面した各階の窓が波打ち天辺に髪が靡くかのような金のメッシュ網のドームが載っている方がフレッドになる。歌って踊るロマンスいっぱいのミュージカルはチェコ人も根っから大好きで、しかもさすが音楽の国、レベルも高い。クリスマス・シーズンになると毎日放映される王子様とお姫様の物語をはじめ、映画やドラマは、ほぼすべてミュージカル仕立てで、毎年毎年何回見ても見飽きることがない。ちなみに、この踊る家の右隣の細長いビルの最上階には、1993年1月1日、スロヴァキアと別れた新生チェコ共和国初代大統領ヴァーツラフ・ハヴェルが暮らしていたが、旧体制時代にはこのビルの前で、いつ終わるともしれない道路工事が延々と行われていたという。文学者で当時不穏分子として、その言動を監視員が、道路工夫に変装し、見張っていたのだそうだ。
 踊る家 ひと組踊り まち踊り

詳細
オーディオ再生